卵子を育てるためのホルモンは、

卵胞刺激ホルモン(FSH)といって、脳で作られます。

それが血液に乗って全身をめぐり、卵巣に作用するんですね。
 

鍼灸によるツボの刺激は、神経、すなわち脳を刺激していることになります。
 

また当院では、頭蓋骨(とうがいこつ)の調整をします。

実は頭の骨。これもゆがむのです。

立体パズルのようにいくつかの骨が合わさってできているので、形がゆがむ余地があるんです。
 

頭蓋骨のゆがみを調整することで、脳へのストレスを減らすことができるので、ホルモンバランスの安定に繋がると考えられます。
 

あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師 稲田靖人 監修