ここ数年で「卵子の老化」という話しをよく聞くようになりました。

また、芸能人など著名人が40代で出産するニュースは昔からありました。

 

そういうことから、
 

卵子が老化するなんて知らなかった。

40代でも普通に子供を産めるものだと思っていた。
 

そういう声をよく聞きます。

 

もちろん、40代でも普通に妊娠・出産される方もいます。

でも統計的には、どうしても確率は下がってしまいます。
 

不妊治療を始める方も年齢とともに多くなります。
 

そのときに問題となってくるのが「卵子の質」。
 

体外受精で採卵をして、受精はするけど育たない。

原因は何か?

お医者さんは「卵子の質が良くない」と言う。
 

その卵子の質には年齢が大きく関係します。

 

老化した卵子は若返ることはない

卵子の老化。

老化したものは若返ることはない。
 

確かにそうです。

時間を巻き戻すことはできません。
 

しかし、若返ることはなくても、質が良くなることはあります。

 

卵子は最初から卵子ではなく、卵胞という細胞なのです。

その卵胞が、毎回、月経周期のたびにホルモンによって育っていき卵子になるのです。
 

ということは、ホルモンバランスが良くなれば、卵子の質は上がると考えられます。

 

実際に当院に通われている方には、鍼灸治療を始めてから採卵した卵子が、以前よりも質の良いものが採れるようになった。

そういう人が少なくありません。
 

そうして40代でも妊娠された人はたくさんおられます。

 

卵子の質がよくない、と言われている方は、ぜひ一度鍼灸治療を試してもらいたいと思っています。

 

あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師 稲田靖人 監修